ブログトップ

ハンガリーてくてく日誌2

ブダペストの大学で日本語を教えたり、ハンガリーの絵本を翻訳したりしています。指の間からどんどんこぼれ落ちていってしまうような毎日を、少しでも書き留められたらいいなぁ。


by pitypang2
プロフィールを見る
画像一覧

『ドナウの四季』

先日、『ドナウの四季』という在ハン邦人向け冊子に
記事を書かせていただきました。
http://www.danube4seasons.com/search/essay/00_d4s_2016-30_8-9.html
記事の中でも書いているのですが、普段、こちらの冊子には
自分の周りの日本語学習者の記事を載せていただいたりしていて、
大変お世話になっています。
http://www.danube4seasons.com/quarterly_magazine/index.html
よかったらバックナンバーをご覧ください~)

人に書かせるのは平気でやるくせに、
自分が書くとなったら結構困りました…
今でも読み返すのはちょっと恥ずかしいです。
なんだか偉そうな文章になってしまったような気もします。
「いやいや、本当は違うんですよ、私ってそんなんじゃないんです」って
一人一人に言って回りたい気分です。

そのくせ、ここにリンクを載せます。
しばらくは自分の記憶から消去しようと思っていたんだけど、
先日読み直したら、慣れてしまったのか、「まぁいっか」という気持ちになったので。
「調子に乗っちゃってたんだな」と調整しながら読んでいただければ幸いです。
[PR]
Commented by どれみふぁ屋 at 2016-05-31 04:14 x
普通にいいこと書いてるな、と思った。それに別に恥ずかしがらなくてもいいし、「えらそうな文章」だとも思わなかったね
Commented by pitypang2 at 2016-05-31 21:12
あ、ほんとですか?よかった!
常に自分に自信がないんですよね…困ったものです。
by pitypang2 | 2016-05-02 06:13 | 日本語教師のこと | Comments(2)