ブログトップ

ハンガリーてくてく日誌2

ブダペストの大学で日本語を教えたり、ハンガリーの絵本を翻訳したりしています。指の間からどんどんこぼれ落ちていってしまうような毎日を、少しでも書き留められたらいいなぁ。


by pitypang2
プロフィールを見る
画像一覧

ティティ

9日間の秋休みも、今日で最後です。

初日の土曜日は、エゲルに行きました。
夫の母方のおばあちゃん(あだ名はティティ)が住んでいて、
もうお年でだいぶ体調が悪いと聞いていたので、
ずっと会いに行きたかったのです。

きれいな秋晴れの日でした。
a0130093_18191244.jpg

目抜き通りもすっかり秋模様。
a0130093_18242077.jpg

a0130093_18211920.jpg


ティティの家に着いて、横になっているティティのとなりで
義理の母と3人でご飯を食べました。

ティティはもう93歳。
老衰で、もはや生よりも死とお友達になってしまっているのが
はっきりと見てとれました。

オムツを替えるから散歩しておいで、という義母のお言葉に甘えて
散歩してきました。

ふらっと入ったワッフル屋さんには、「こぶたのレーズン」の写真がずらり。
a0130093_18304951.jpg


カードで払えなかったので、ATMでお金をおろして戻ってくることに。

新しくなったドボー広場。
a0130093_18373342.jpg


ワッフル、どーん。
a0130093_1839932.jpg


帰ってしばらくすると、ホームヘルパーさんが来ました。
3人、交代で来てくれているそうですが、
その日にいらしていたヘルパーさんは
技術的にも精神的にも本当にプロで、
「安心して死なせてあげればいいのだ」というお話も、
手際よくティティのしてほしいことをしてあげる様も、
ああ、この人は、こういうお年寄りを何人も何人も看てきたのだな、
という感じがしました。


昨日、つまりちょうど1週間後の土曜日の朝、
ティティが亡くなったと連絡がありました。
最後に会えてよかった。
会った時、「しんどい、死にたい」と言っていたので、
もし安らかに旅立つことができたのなら本当によかったと思います。
金曜日にヘルパーさんに対して義母の名前を呼んで
「電気を消してちょうだい。もう帰っていいよ。」と言ったのが
最後の言葉だったそうです。
土曜日の朝にヘルパーさんがお家に行った時には
もう亡くなっていたのだそうです。

ティティ、今までどうもありがとう。
離れて住んでいて、
そんなにたくさん会えたわけじゃないのが今でも残念だけど…
いつも私が猫好きだということを覚えていてくれてありがとう。

ティティの作った、最高にかわいいぬいぐるみたち。
a0130093_18591956.jpg


どうか、安らかに。
[PR]
Commented by どれみふぁや at 2016-11-11 20:46 x
秋のエゲルはなかなかよさそうだね。
おばあちゃん、93歳なら大往生だろう、ハンガリーなら。いい出会いと別れだな、とか思った。
Commented by uchikawa-kazumi at 2016-11-13 06:59
本当にそう思います。夫のもう一人のおばあちゃんも93歳で、健在なんですよ。そして私の祖父も。なんかおもしろいですね。
by pitypang2 | 2016-11-06 19:10 | 日常生活のこと | Comments(2)