ブログトップ

ハンガリーてくてく日誌2

ブダペストの大学で日本語を教えたり、ハンガリーの絵本を翻訳したりしています。指の間からどんどんこぼれ落ちていってしまうような毎日を、少しでも書き留められたらいいなぁ。


by pitypang2
プロフィールを見る
画像一覧

怒涛の日々② シンポジウムにホームパーティー編

神戸大学さんとのそんなドタバタのど真ん中に
ハンガリー日本語教育シンポジウムがありました。
2008年ごろ?に研修でお会いして以来
大好きな先生が漢字教育についてのワークショップをしにいらしていました。
あーおもしろかった。
正直に言うと、勉強不足で、その先生について漢字のイメージがなかった私ですが、
おもしろい先生はなんのお話をしてもおもしろいものです。
根本的な姿勢がすべてに響くからだと思います。
今回は最初にみんなでタイ文字を覚えてみたりして、
徹底して学習者の視点に立たせていただくことができました。
その後のいろいろなゲームもアイディア満載で、
絶対使ってみたいと思うものばかりでした。

シンポジウムは午後まで続いたのですが、
私はその日、修士の学生たちとのホームパーティーが
もうずっと前から企画されていたので、
途中でおいとまして、そちらへ急ぎました。
a0130093_19085542.jpg
ホストの子がハニーマスタードチキンを作ってくれていました。
a0130093_19093864.jpg
お父さんが作ってコンクールで入賞したというパーリンカを吞み交わします。
a0130093_19143778.jpg
手前は学生が作って持ってきた抹茶チーズケーキ。レベル高い!
後ろは私が焼いた抹茶パウンドケーキ。
a0130093_19173863.jpg
人生ゲームをしたり(私は政治家になるも、あえなく撃沈)

a0130093_19193686.jpg
プレステで鉄拳をやったり

a0130093_19221693.jpg
最後はみんなで雑魚寝。

実は今学期の修士の学生たちは
性格も学部の時の学年も日本滞在経験も日本語のレベルもバラバラで
どうなるかなぁと思っていたのですが
こうして集まってお酒飲んで一緒に寝て
うー、
よかった、
楽しかった!!
おたがいの性格もなじんできているみたいで
なんだかすっかり話がしやすくなっている。
そういうのって絶対勉強の支えにもなってくれると思うのです。

私の人生は一体いつまで
こんなに大学生みたいに楽しいんだろう 笑


[PR]
by pitypang2 | 2017-11-23 19:30 | 日本語教師のこと | Comments(0)