ブログトップ

ハンガリーてくてく日誌2

ブダペストの大学で日本語を教えたり、ハンガリーの絵本を翻訳したりしています。指の間からどんどんこぼれ落ちていってしまうような毎日を、少しでも書き留められたらいいなぁ。


by pitypang2
プロフィールを見る
画像一覧

人生で最高の・・・

またまた大変ご無沙汰してしまいました。
新学期が始まってばたばたしていたのに加えて、
この一週間はほとんどまるまる寝込んでおりました。

普段は風邪を引いても、37度5分程度の熱しか出ず、
一日寝れば治ってしまう私。
「こまめに小さい風邪を引くことで、大きい風邪を回避している」
という勝手な持論まで展開して悦に入っておりました。

でも、今回はそうは行きませんでした。

異変が起きたのは日曜日の晩。
イギリスから来ていた大学の先輩と温泉に行き、
生乾きの髪のまま晩ごはんに行ったのがまずかったのでしょう。
寒気がして、せきが止まらなくなり、
日本料理屋のオーナーさんが車でうちまで送ってくださいました(感涙)。
月曜日には熱はぐんぐん上がり、
まだ一度も上がったことのない38度台のステージへ。
最終的には39度1分まで上がりました。
自己新記録を1.5度ほど更新です。
木曜日には熱が下がったので、溜まった仕事を片付けたり、授業に行ったりしたのですが、
完治していなかったのに張り切りすぎてしまったようで、
金曜日には再発熱して元の木阿弥。

a0130093_3313249.jpg

病床でのある日のごはん。
このときはかぶ菜と韓国もちのスープに、
先日ハンガリーに来てくれた伯父と伯母からいただいたお漬物。
特筆するほどのごはんでもないんですけど、
写真があったほうがいいかと思ったので載せます。
いや、この数日間に食べたお漬物の量は十分特筆に価するかもしれません。
おいしくて箸が止まらず、
やめて逃げるようにふとんにもぐってからも
お漬物のことしか考えられなくて軽い中毒症状のようになっていました。
ええ、起き出してきて、食べ続けましたとも。熱で朦朧とした頭で。
おそるべし、群馬県あがつま農協、沢田の味。

というわけで、タイトルの「・・・」は
「体温」と「お漬物」ということでよろしくお願いします(なにが)。
[PR]
Commented by どれみふぁ屋 at 2014-02-23 07:06 x
→「こまめに小さい風邪を引くことで、大きい風邪を回避している」
という勝手な持論まで展開して悦に入っておりました。「悦に入る」というのがなんとなく笑える。最近「健康優良はいじ」ではなくなってきたということか?とりあえず、無理せず、お大事に
Commented by pitypang2 at 2014-02-24 05:51
しかも、布団の中でYUKIweb RADIOを聞いていたら「皆さん、風邪引いてませんか?風邪の時はね、『え、風邪?引いてないよっ?』って言っていると治るんですよっ!」とYUKIちゃんも持論を展開していたので、参考にして平気な顔で基金に授業しに行ったら、再発熱しました。様々な論説が通用しない例外的な風邪だったのです。(え、年?いやまさかまさか)
by pitypang2 | 2014-02-23 03:35 | 日常生活のこと | Comments(2)