ブログトップ

ハンガリーてくてく日誌2

ブダペストの大学で日本語を教えたり、ハンガリーの絵本を翻訳したりしています。指の間からどんどんこぼれ落ちていってしまうような毎日を、少しでも書き留められたらいいなぁ。


by pitypang2
プロフィールを見る
画像一覧

ルーマニアの日本語プレゼンテーションコンテスト

非日常が日常と化していたドタバタの日々がひと段落つき、私は早速風邪をひいてしまいました。おとといは熱もあって大学の授業も休講に。今日も微熱がありますが、ハンガリーは今日から4連休なので、ゆっくり治そうと思います。

仕事はたまっているんですけど、微熱がありながらも今日はかなり片付けたし、たまったブログを書こうと思いました。

さて、でも、いったいどこから書こう。まだ思い出が新鮮なものから遡ろうかな。

ということで、一番新しい思い出であるルーマニアでのことから書きます。

3月9日の夜11時にルーマニアの空港に到着。教師会会長のS先生が迎えに来てくださいました。
そしてタクシーでホテルまで送ってくださる間、「ルーマニアでは伝統的に、お客様には水と、新しく焼いたパンをあげることになっています。自分で焼くことはできなかったけど、これ、どうぞ」と、お水と、おいしいパンをくださいました。なんとすてきなお気遣い!私は水も食べ物も持っていなかったのでとても助かりました。(見習おう)

a0130093_02035841.jpg
ルーマニアでは2リットルが標準サイズだそうな。(ハンガリーは1.5リットル)ハンガリーのと違って、おしゃれなボトルで、持って帰りたかったです。(さすがに2リットルの容器はかさばるので置いてきましたが)

a0130093_02054690.jpg
リンゴのパンと、チーズのパンでした。おいしくて、夜中に食べすぎました。

泊まらせていただいたのはこんないいホテル。

a0130093_02100386.jpg
そして翌日3月10日、ルーマニアの日本語プレゼンテーションコンテストで恐れ多くも審査員長を務めさせていただきました。

ホテルの写真ばっかりでプレゼンテーションコンテストの写真が一枚もない。
私は何をしに行ったのだ。
写真をいただいたので更新します!

a0130093_03235162.jpg
こんな立派なホールでのコンテストでした。私、すごく身を乗り出していますね 笑

舞台で全体の講評をさせていただいた時。
a0130093_03175971.jpg
緊張しました!
でも、自分としては、なんとかやれてよかった!!


プレゼンテーションコンテストはとても勉強になりました。発表者のテーマはハンガリーのスピーチコンテストとそんなに変わらないんだけど、プロジェクターを使うことで話が分かりやすくなり、また、創意工夫ができる範囲も広がっていました。小道具の使用もOK、服装でアピールするのもあり。ひたすらスピーチ一本で勝負するのではなく様々な方法を用いて言いたいことを伝えるというのもおもしろいなと思いました。

学習期間の短さに比べてものすごく上手な人が多いことにも驚かされました。特にイントネーションの自然さが際立っている人が多かったです。(ハンガリー語はすべての単語が第一音節にアクセントがあるのでハンガリー人にとってアクセント・イントネーションの矯正は
とても難しいみたいです。)

あと、大使の気さくさに驚かされました。お会いした時、ハンガリーから来たというと「それにしてはスリムですね!ハンガリー料理は
あんなにこってりしているのに…」なんて笑いながら言ってくださったり(嬉しい(≧▽≦))、最後の出場者の写真撮影の時に私は関係ないと思って客席でノートを書いていたら舞台から大きい声で「審査員長!」とニコニコしながら手招きして呼んでくださったり。

あとから聞いた話では、運動会(?)の時にはパン食い競争に出られたり、麻袋を履いて走ったりもされたのだとか。
すてき!







[PR]
by pitypang2 | 2018-03-16 02:41 | 日本語教師のこと | Comments(0)