ブログトップ

ハンガリーてくてく日誌2

ブダペストの大学で日本語を教えたり、ハンガリーの絵本を翻訳したりしています。指の間からどんどんこぼれ落ちていってしまうような毎日を、少しでも書き留められたらいいなぁ。


by pitypang2
プロフィールを見る
画像一覧

子どもの日イベント

a0130093_05304856.jpg
国際交流基金ブダペスト日本文化センターさんに
お声をかけていただき、
5月12日に(だいぶ前だな)
Deák 17というギャラリーで
子どもの本についてお話をさせていただきました。

発表の準備をする間は
親の世代の方々にもお子さんたちにも
面白いと思ってもらえるようにするのが
どうにも難しく、
実際に発表をした時にも
いまいち手応えが感じられなくて、
最後の方は駆け足になってしまいました。
でも、この写真を見たら
ちゃんと聞いてくれていたという感じがするし、
後日、基金の方がどこかで
このイベントに来ていた人に
たまたまお会いになり
その人は
「絵本についての話がよかった」と
おっしゃっていた、
と教えてくれました。
ああ~よかった!
一人でもそんな方がいらっしゃるなら、
大満足です。
でも、来年ももしお話が来たら、
もっとどんなふうにするか、
よく考えようっと。

イベントの写真は
こちらに載っています。
(私もこちらから拝借しました)
http://www.deak17galeria.hu/programok/gyermeknap-japan-kontosben
うちの学生も浴衣を着て
紙芝居を読ませてもらいました。
こちらは去年から2回目でした。


[PR]
by pitypang2 | 2018-05-25 05:40 | 子どもの本のこと | Comments(0)