ブログトップ

ハンガリーてくてく日誌2

ブダペストの大学で日本語を教えたり、ハンガリーの絵本を翻訳したりしています。指の間からどんどんこぼれ落ちていってしまうような毎日を、少しでも書き留められたらいいなぁ。


by pitypang2
プロフィールを見る
画像一覧

やってくること、去っていくこと

東京大学サマースクールについて
フィンランドでこんな風に紹介されたんだそうです。

ハンガリーの学生たちにも
『ドナウの四季』という
在ハン邦人向けの冊子用に
記事を書いてもらったところです。
載るのは3か月後ぐらいですが。
a0130093_16062274.jpg
これは、サマースクールの企画運営をした友人が
サマースクールの一年前に
ハンガリーに来た際に一緒に話をした時の写真。
屋外プールを改装したお店です。
あの時は遠い現実のような思いで聞いていたけど
本当に実現してよかったな。

何か将来のことを計画したり想像したり
あるいは私の意思とは関係なく
すでに決まっていたりして
そういうことが少しずつやってきて
そして去っていく
もちろん誰だってその繰り返しなんだけど

不思議で
とてもありがたいことに思います。
ちゃんといつも「その日」がやってくるという
当たり前のようで
当たり前ではない現実。
でも、ちゃんといつも「その日」は
やってくるのだと信じて
そのありがたみも噛みしめて
なんでも冷静に着実に
かつ、存分にわくわくしながら
やり遂げていこうと思います。



[PR]
by pitypang2 | 2018-09-15 16:20 | 日本語教師のこと | Comments(0)